大人のこれシットコ!

大人の知っておきべき常識・マナーなどをわかりやすくご紹介!

(永久保存版)友達に使える最強におもしろいエイプリルフールネタ!

      2017/08/14


エイプリルフールに興味がある人も無い人も、
他人の面白エイプリルフールネタで笑うならOKじゃないですか?

騙すのが苦手な人も、騙されるのが嫌な人も、これなら・・・と思えるネタをご紹介!
見てホッコリするもよし、自分もやってみようと意気込むのもよし、是非ご覧ください。

まず、大事なのは「笑って終われること」ですよね。
相手を怒らせたら元も子もありません。
嘘だとわかってお互い大笑いできることが大前提!

というわけでエイプリルフールネタを書いていこうと思います!

当記事では、年々バージョンアップしていこうと思っていますので、
ご期待ください。(執筆日:2017/2/11)

<その1>嘘をつく(許せる範囲の・・・)

LINEで、宝くじをリアルタイムに確認して盛り上がり、
あたかも当選したかのように大騒ぎ!仲のいい友達なら、
宝くじの確認作業にワクワクで乗ってきてくれるだろうし、
1枚ずつ確認していくうちに気分もヒートアップしがち。

最高潮になったところでまるで当選したかのように持っていくというものです。
この動画は5000円の当選金でしたが、
大人ならば100万円単位、1000万円単位といったところがオススメでしょうか。

動画では、興奮状態の演出でわざわざ誤字まで入れ込むという技まで披露していますね。
焦った感じをいかに伝えるのかが最大のポイント。
あとは、文字を打つ速さですよね。
のんびりしていてはいけないので、気合をいれてガンガンいきましょう。

そして、探した画像をどうやって相手に送るかもポイントとなります。
当選くじの画像は、探せばいくらでも出てきます。(笑)

実際に手にもってごまかす場合は、
日付など隠さなければいけない部分は上手に、
しかも自然に指で隠すなど怠らないようにしなくてはいけませんね。

さすがにこれで怒る人はそうは居ないでしょうから、
お互い「あー、面白かった」で済ませられます。大事なことですよね。

笑ってネタばらしして、騙されたことに笑えるという、
まるでお手本のような展開になることでしょう。

お手軽にやれるネタですので、
どうでしょう、やってみませんか?


<その2>スマホケースをバッキバキに・・・

このドッキリ動画は、エイプリルフールにいろんな人に仕掛けて笑っちゃえるタイプのものです。

まるで画面がバキバキにひび割れたかのようなスマホケース。
相手のスマホにさえサイズが合えば、何人にでも仕掛けて笑いを取れちゃいます。

ちょっと席を外した隙にサッとやっちゃって、戻ってきたときに
「ごめん!落としたらこんなことに・・・」
という具合でどうでしょう。

あっけにとられ、そしてたぶん怒りますよね。
まぁ、すぐにネタばらしする体でやるので、
なんだこれー!みたいな感じで笑って終われるんじゃないでしょうか。

ちなみに、こういうケースです。

 

このような感じで、小道具ありきの笑える嘘もなかなかいいんじゃないかと思います。
時期になると、ドンキホーテあたりでいろいろ売っていますよね。
小道具と言っても馬鹿にできないくらい精巧に作られたものがよりどりみどりなので、
ちょっと試しに見に行ってみるのもいいかもしれませんね。

この場合、もちろん自分スマホが壊れた!
ということで同情してもらうという、誰も傷つけないやり方もあるので、
騙すのが苦手な人は、そっちのほうをお勧めします。

たぶん、目にした瞬間、みんなビックリすることだけは間違いないかと・・・!
一瞬でケースだと見破れるひとはなかなか居ないと思うので、
エイプリルフールの小道具としては秀逸なものとなっています。

スマホを買い替えてサイズが変わったとしても、
使い終わった本体とケースさえ手元に残っていれば、
ネタ用としていつまでも使えるというスグレモノとなります。

<その3>絶対にやってはいけない嘘のつきかた

次は、これはまずいだろうというものです。
最初に言ったように、笑って終わらせることができないものは、くれぐれもやらないように・・・
エイプリルフールは、「面白かった!」と思い思われなくてはいけません。

この動画はヤラセ動画ですが、似たようなことを思いつく人は、意外と多いのが現実。
迷惑をかけるのはいけません、当たり前ですが。
お店や、公的なものを相手にする嘘は、取り返しがつかなくなるのでご注意を。

あと、いくら友人でも、相手の性格をわきまえて嘘のチャレンジを仕掛けないと、
後々までしこりが残ることも無いとは言えません。
笑って許してくれるような相手に、笑ってもらえる嘘で楽しむのがベスト!

最悪の場合、法的に訴えられても文句が言えなくなるような嘘はつかないようにしましょうね。

そもそもエイプリルフールの起源って?

そもそも、エイプリルフールの起源は、
フランスで新年が4月1日から1月1日に変更になった1564年に、
変更に反発した民衆が4月1日を「嘘の新年」としたことだと言われています。

それが今では「嘘をついてもいい日」と、
なんとも勝手な解釈となり風習となって周知されているわけです。

嘘は絶対ダメとは言い切れません。
その場その場で、相手を思う嘘があったり、
やむを得ず嘘をついて後から帳尻合わせに奔走したりと、
いろんなパターンがあることでしょう。

相手を思う気持ちさえあれば、要らぬ誤解や怒りを買うこともないはず。
せめてエイプリルフールは、お互い楽しめる嘘で過ごしたいものですね。

 - エイプリルフール , , ,


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

(永久保存版)恋人に使えるおもしろエイプリルフールネタ!

エイプリルフールといえば、面白おかしくワイワイと騙し騙され過ごす楽しさがあります …