大人のこれシットコ!

大人の知っておきべき常識・マナーなどをわかりやすくご紹介!

彼女との記念日を忘れて怒らせてしまった!許してもらう方法は?

      2017/08/14

スポンサードリンク

付き合い始めた日は嬉しくて幸せだったのに、
なぜかうっかり忘れてしまう数々の記念日。

個人差はあるにしても、これだけは外せない!
という記念日があったりするのではないでしょうか?

特に女性側は、何かと記念日にしたがる傾向が無きにしも非ず。
男性側も気にしてないわけではないようですが、
記念日に対する重さに男女比が表れてしまっているようです。

大事な大事な記念日だったのに、ついウッカリ忘れてしまった!
どうしよう!そんな事態にいつ陥るとも限りません。

万が一のためにも、
機嫌を損ねた彼女の気分を盛り上げる方法を
まとめてみましたので参考になさってください。

女性が考える記念日の多さ

記念日以外にも、一年を通してのイベントはありますよね。
誕生日にクリスマス、バレンタインデー、ホワイトデー。

これだけあれば充分じゃないか!

と思う男性も多いかとは思いますが、
恋人ができれば記念日は増える一方。

知り合った日、初めてデートをした日、付き合うことになった日、
この「初めてふたりで・・・」というキーワードが曲者なのです。

女性はこまめに手帳に書きたがります。
装飾もきらびやかにして、
自分自身で期待度や楽しみを大きく育ててしまっています。
そして、それは「記念日」へとスライドしていくわけです。

初めてのデート。男性側はただのデートと思っていても、
隣を歩く彼女は「記念日」扱い。
それほど嬉しく思ってくれるのはありがたくても、
記念日に押しつぶされそうな男性も増えてきています。

「彼女は要らない」という男性の理由の多くは
「面倒だから」という回答がそれを物語っていますね。
面倒でも、せめて彼女が大事にしている記念日くらいは付き合ってあげましょう。

それでも忘れたときは・・・さて、どうしますか?

スポンサードリンク

何故彼女が怒ったのか考えてみる

こんなことで・・・と思うのは怒らせた側の意見。
大事に思っていたことなのに忘れるなんて・・・と思うのは怒った側の意見。

それぞれに言い分はあって、どちらが正しいとは言えませんが、
彼女が怒ったのは「大事に思っていたこと」であることが重要なのです。

悲しみ傷ついたことだけはハッキリしているわけですから、
何らかの手をうたないと後々までシコリが残ることになりかねません。
彼女を大事に思うなら、その大事な彼女の大事な思いも大事にしたいものです。

会って話すことが大事!

メールやLINEの活字ではなく、きちんと会って話をしましょう。
活字は思いの全てを伝えてはくれません。感情が読み切れません。
そして、気持ちの行き違いを招きかねません。

顔を見て話せば、言葉に乗り切れなかった感情も相手に伝わるものです。
誠心誠意、彼女の言い分も聞き、
自分が忘れてしまったことの重さを知ることも大事なのです。

怒っている相手と話すとき、いちばん気を付けなければいけないのが「売り言葉に買い言葉」。
これだけは避けたいものです。溝が一瞬にして深まります。

深呼吸して、あくまでも冷静に彼女の言い分や
どんなに悲しかったかを聞いてあげられる男性でありたいですね。

怒っているポイントを見極める

せっかく謝っているのに、彼女とポイントがズレていたら何にもなりません。

単に「忘れていた」ことに怒っているのかと思ったら、
「それほど大事に思われていない」と彼女が思っていたのだとか、
どこに彼女が重きを置いているかを把握しましょう。

この場合、彼女は記念日を忘れられたことで不安になってしまってるわけですよね。
ただただ忘れたことを謝っても、
彼女の気持ちはすっかり晴れることは無いわけです。

忘れたことを謝るのは当然ですが、
それ以上に、どれだけ彼女を大事に思っているかを
伝えるほうが重要になってくるということです。

怒りというものは、時間が経つと悲しみに変わってきます。
なので、謝る言葉やおさえるポイントも変わってくるのです。

どれだけ彼女が大事か、それは自分自身がよくわかっているはず。
口下手な人も、こういう時だけはしっかり言葉にして伝えましょう。

普段から心がけておくこと

例えば、彼女の好きなお店、彼女の好みのアクセサリー、
彼女の好きなものをできるだけ多くリサーチしておくこと。

普段の彼女を見ていれば「こういうのが好きそう」ということくらいはわかりますよね。
そういうお店を見つけておけば、いざという時に役に立つかもしれません。

彼女とのデート中、彼女が何に目をとめているかを感じることも大事です。
ただ手をつないで前を向いてガンガン歩いていくデートではなく、
彼女の視線の先も気を配れるようになれば、
歩いているだけでかなりのリサーチになるものです。

「そこまでしなくても」は厳禁!

怒らせちゃったけど、何もそこまでする必要は・・・と思う方もいます。
しかし、「そこまでする」ということは、
彼女側からすれば「そこまでしてもらった」と同時に「そこまでさせてしまった」という思いも。

そうなれば、彼女のほうも、怒ってしまったことを少し後悔するかもしれませんね?
そうなれば、言い方は悪いですけどこっちのものです。
仲直りのタイミングは、グンと近くなるのです。

ケンカをしないカップルもいますが、
例えばそのまま結婚したとして、
子供も生まれ、親の介護が始まり、
それで生涯ケンカを一度もしないでいられるでしょうか?

ケンカをしないというよりも、
ケンカにならないようにお互いに努力していくことが大事なわけです。

お互いを思いやる気持ちさえあれば、ケンカにならずに済んだという事案は山ほどあります。
起きてしまったことには自分の気持ちをできる限り相手に伝えることが大切なのです。

  • 記念日の意味を考える
  • 怒らせたことで相手の気持ちを考える
  • 会って、お互いの気持ちを伝えあう

重要なのは相手をいかに大切に思っているかを認識すること。
彼女にいつまでもそばにいてほしいと思うなら、
彼女の気持ちは大事にすることが何よりも大事なのです。

 - カップル , , ,

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした

スポンサードリンク