大人のこれシットコ!

大人の知っておきべき常識・マナーなどをわかりやすくご紹介!

シャンプーの種類って?成分・メリット・デメリットすべてまとめみた!

      2017/08/14

スポンサードリンク

毎日使うシャンプーだからこそ、できることなら少しでも「いいもの」を使いたいものです。

でも、そもそも「いいもの」って何なのでしょう。

品質の良いもの?価格がお手頃なもの?自然素材のもの?

考え方はいろいろありますが、結局のところ
「自分の髪に合って、価格も許容範囲内、できれば自然素材のもの」
といったところではないでしょうか。

さすがに現代では、粗悪品と呼ばれるようなものは流通していません。

そこそこ支持のあるものだけが市場に出回っているわけですが、
まずはシャンプーの特質を理解しなければ「いいもの」は選べませんね。

 

自分に合うNo.1シャンプーを探すためにも、
それぞれの特性をまとめてご紹介します。

種類について

シャンプーの種類は、大きく3つに分けられます。
現在お使いのシャンプーはどれに当てはまるでしょう。

もし、自分にはちょっと何かが不足かも・・・と思われている方は要チェックです。

 

*石鹸系シャンプー*

石鹸という時点で、古くから使われているタイプだということは感じとれると思います。

ひと昔前はとても多かったタイプですね。

スポンサードリンク

メリット

いちばんにあげられるのは、汚れ落ちの良さ。石鹸系なんですから当然ですね。

石鹸で手を洗った時の感覚、それがそのまま髪の毛に・・・という感じです。

洗い上がりのサッパリ感が高く、しっかり洗いたい方にはおすすめのタイプです。

しかも無添加ですので、環境面を重視する方にもおすすめです。

デメリット

石鹸で顔を洗うと肌が突っ張るように、
髪の毛の場合は高い洗浄力の影響で余分な皮脂まで落とし、
きしみやすくなってしまいがちです。

石鹸自体がアルカリ性なので、地肌の保護も必要となってきます。

よく洗い流したつもりでも石鹸カスが残ったりするため、
フケも出やすくなるという方もいらっしゃるようです。

「洗い落とすこと」に重点を置いているため、
そのあとのケアは不可欠です。

*高級アルコール系シャンプー*

「高級」といっても、高級な成分を配合したスペシャルなシャンプーというわけではありません。

簡単に言うと、一般的に出回ってるよくあるシャンプーがこれに属します。

「高級」とは、成分についてです。
成分内にアルコール分子中の炭素が6つ以上含まれていることが定義となります。

セタノール、ステアリルアルコール、
オクチルドデカノールなどが成分に含まれていれば、
まず高級アルコール系シャンプーといえます。

これを機に、成分表示も見てみるといいですね。

メリット

手に入りやすさはNo.1だと思います。
スーパー、コンビニ、ドラッグストア、どこにでも売っているので
切れたらすぐに買いに行けるお手軽さがあります。

大量生産品が多いため、価格もお手頃。家計に優しい系でもあります。

泡立ちも良く、香りもよく、シャンプーのCMそのままという感じ。

洗い上がりの手触りも重視しているのでシリコン配合品が多いですが、
そのぶん指通りもよく、ツヤツヤでサラサラな仕上がりです。

 

ノンシリコンがもてはやされていますが、シリコン自体「悪」ではありません。

かたくてゴワつきがちの髪質の方は、
シリコンやコーティング剤が配合になったものを使えば、
サラサラの軽やかな髪に仕上がります。

特に女性は洗い上がりの髪に不満があると気分も沈みがちです。

サラサラに仕上げたいなら、このタイプのシャンプーがいいでしょう。

デメリット

最近よく耳にするのは「天然由来成分」。

しかし高級アルコール系シャンプーの多くは石油由来の成分です。

保存料や着色料、香料など合成添加物も含まれています。

中には、頭皮への刺激が強いシャンプーもあり、
せっかくシャンプーしても、余計に痒みの原因となる場合も。

もちろんそれは肌質によりますから、
もしそうなった場合はシャンプー一旦変えてみるのが得策です。

*アミノ酸系シャンプー*

CMで耳にすることが多いですね。

アミノ酸系シャンプーといっても、
含まれる分量はそのシャンプーによって差があります。
少しでも入っていればアミノ酸系なので、そこは仕方がないのかもしれません。

購入前に成分表示を見ることをおすすめします。

メリット

洗浄力がマイルドなため、肌質の弱い方でも安心して使うことが出来ます。

過剰に皮脂が落とされる心配もありません。

しっとりとした洗い上がりで、パサつきがちの髪質の方に愛用者が多いようです。

デメリット

メリット面で洗浄力がマイルドと話したように、
裏を返せば洗浄力は弱め。物足りなさを感じる方も多いようです。

そして何よりも、アミノ酸系シャンプーは若干お高めの価格となっています。

どちらかというと、髪の毛そのものよりも、
頭皮、地肌にやさしいシャンプーですね。お財布にはやさしくないですが・・・。

しかし、肌にやさしいという点から、家族みんなで使えるシャンプーです。
少々お高くても、頭皮へのダメージが少ない点は見逃せませんね。

 

いかがでしたでしょうか。主だった特徴を並べてみました。

髪の毛や頭皮の悩みに合ったもの、求める髪質になれそうなもの、
目指すポイントを定めてシャンプー選びをすれば間違いはないと思います。

健康な髪と地肌を守るためにも、適したシャンプーを使いましょう。

 - シャンプー , , , ,

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

シャンプーブラシのカプア、そんなに人気なの?ほかの商品との違いは何?

数多く出回っているシャンプーブラシ。 汚れを隅々まで取り去ってくれて、マッサージ …

クラシエのシャンプーHIMAWARIの匂い、好き嫌いが分かれる?

  クラシエから販売されている「HIMAWARI(ひまわり)」、ご存じ …

HIMAWARIのCM起用の女優は誰?使えばきっとこうなれる・・・?!

  クラシエディアボーテHIMAWARI、 とても夏らしいさわやかなパ …

オーガニックシャンプーって何?おすすめのシャンプーメーカーは?

  みなさんは、いま自分が毎日使っているシャンプーの種類をご存じでしょ …

数あるシャンプーブラシをランキング形式でご紹介!TOP5!

頭皮や髪の毛のケアに余念がない方は、 洗髪時にシャンプーブラシを使っているという …

美容師おすすめのレディースシャンプータイプ別5選!

髪は女の命とはよく言ったもので、いつの時代も女性は髪の毛に気をつかいますよね。 …

Panasonicの電動ブラシが大人気!そのわけとは?!

頭皮と毛髪のケアに人気のシャンプーブラシ。 程よい刺激がクセになっちゃうと話題で …

シャンプーボトルを吊るしてあの嫌なぬめり、カビ予防しよう!

バスルームは、掃除をまめにしているつもりでも、 いつの間にかぬめりやカビが発生し …

50代からの男性の髪の悩みは、シャンプーで解決!

  若い頃にはオシャレに気をつかっていた男性も、 50代以降になるとど …

石鹸系シャンプーとは?おすすめ石鹸系シャンプーをご紹介!

  シャンプーは、3タイプに分けられるのをご存じでしょうか。 「石鹸系 …